_アートソウルはアーティストのアート情報PRなど創作活動を応援しています。

アートソウル
アーティスト紹介
ホーム > アーティスト紹介 > 大鳳ヘッポバーン > 1つ前に戻る

大鳳ヘッポバーン

大鳳ヘッポバーン
オオドリヘッポバーン
プロフィール
ジャンル イラスト
活動拠点 東京都
所 属 個人
作品PR 頭が動物、体が人間の動物人間が街で生活している様子のイラストを描いています。
ポップでシュール、心が温かくなるような世界観をお楽しみ下さい。

略 歴 武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。
動物たちを擬人化したポップでシュールな世界観が特徴。
現在、webを中心に携帯ゲームなどのイラストのお仕事などを承りながら、都内のグルー プ展等に参加し制作活動中。



インタビュー (アーティストへの7つの質問)
始めたきっかけは-
学生時代より個人的にイラストをずっと描いていましたが、年賀状にて動物人間第一号をたまたま描いた事により、大鳳ヘッポバーンとして現在の動物人間の絵柄でイラスト業の看板を立ち上げました。

テーマは-
基本的には、楽しい街の日常生活の様子がメインのテーマですが、その時その時に、私の心が描きながら一緒にドキドキするものを追いながら描いています。

自分が影響を受けたもの(ジャンル不問)は-
イシュトバン・バンニャイのzoomという絵本です!小学生の時に始めて見てすごい!と思いました。

好きなアーティスト(ジャンル不問)は-
Jordi Labanda(イラストレーター):彼のポップでスタイリッシュな絵がすごく好きです。
Mark Ryden(画家):本屋で始めて彼の作品と遭遇し、即決で画集を購入してしまいました!

オススメ書籍・専門書は-
読んでいるとなんだか不思議なカラクリワールドに迷い込んでしまったような気がして、星新一の物語は全般的 にすごい好きです。
私は「やられたー!」と思うような大どんでん返しがある話が好きなのでそういう中でのオススメは乙一のzoo という本です。

気分転換の仕方は-
多分、気分がのらないのは、その時には別にやりたい事があるからだと思っているので、より気分がのると思え る事を探し出してやる。それか、昼寝をします。

あなたにとって創作とは-
日常生活の一部です。物を作っているとドキドキします。それがすごく心地よいから、これからももっとドキド キするものを作っていきたいと思います。


作品紹介

連絡先
incarnation メール 1つ前に戻る


只今新規アーティストの募集登録を致しておりません。

アートサーフ イラストレーター

個展の案内状はがき印刷 ならアート番地美術印刷。ギャラリーの予約をしたら早めの準備がお勧めです
◆スポンサー◆ 展覧会DM印刷は はがき印刷のアート番地美術印刷へ
artsoul project | アートサーフ | ギャラリー・ガイド - 東京 - 大阪 - 京都 - 奈良 | 印刷会社 |

Copyright(c)2004-2013 artsoul All rights reserved
画像、データ、文章等を無断で使用、転載、配布することを禁止致します。 作品に関するお問合せは、各作家へ直接お願い致します。